悲しいことってこんな立て続けに起きるものなんですかね…

 

以前のブログの記事からさかのぼること1ヶ月前に軽音の定期演奏会の部会があり、私はなんとかバンドを組むことができた。バンドはYellow Cube Factoryという超マイナーなバンドだ。(今は活動してません)

 

定演までの練習期間は1ヶ月しかないのでなかなか大変で、しかもこのバンドで私はキーボを同時にやろうとしていた。実は6歳からピアノを習っていたので、一応ピアノは弾けていたのだが、弾きながら歌うのは初めてで難しかった。私の声とピアノだけならまだしも他の楽器も当然いるので合わせるのが本当に難しかった。

 

定演は12月25日と26日。私のバンドはクリスマスだった。今思い返してみてもこのバンドが一番酷かったと思う。

 

定演の打ち上げ(という名の反省会だと思っている)はオールで、この日に次期幹部の挨拶がある。

その時、次期部長にこう言われた。

 

「このままじゃバンドに誘ってもらえないよ??」

 

正直、私は別に誘ってほしくて軽音をやっているわけじゃなかったし、自分の好きなバンドができたらそれで満足だった。でもここの軽音楽部はそんな甘い考えは許してくれないということだった。

 

私は1つ上の学年とは昔からどうもうまくいかなかった。軽音でもそうで、1つ上の学年が好きではないというかむしろ嫌いだった。しかも次期部長はもっと嫌いだった。全く尊敬できる人ではなかった。そんな人にこんなことを言われてしまった私の気持ち、どうか1人でもいいので察してくれ。

 

でもこの時の私はまだ麻痺状態だったのでもっと頑張らなきゃと本気で思っていた。

 

 

そして年が明けて2014年1月。詳しい日付は覚えていないがエイトの5大ドームツアー中で、今思い出したけど多分カヴァコラTVが放送された日ですね。

 

この時にTwitterの趣味垢で「#夜中だからふぁぼされた分だけ黒い本音を言う」みたいなタグが流行り、私も便乗したところ2~3ふぁぼが来たので黒い本音をマジで言った。

私はエイトみんな大好きではあったが、嫌いなコンビはあった。気まずいが大好きすぎたせいではあったのですが…笑 言ってしまうとまるすばが本当に好きじゃなかった。それを言ったのだがこの時割と過激目に嫌いと言ってしまってはいた。でもまるすば好きなエイターには申し訳ないけど本当に嫌いだったし別に私が嫌いなところでまるちゃんとすばるの仲が崩れるわけではないし別に誰にも影響はないだろうと思っていた。

 

が、この考えが甘かった。ふぁぼしてきた1人が丸山担当だったのだが、その子が突然私を嫌ってきた。で、本当に訳が分からなかったのだがその子と仲がいい数名のフォロワーも私を非難してきた。しかも裏垢で。

 

丸山担の子はたしかまるすばが好きだったような気もしたしその子からしたら私の批判っぷりには傷ついてしまったかもしれない。しかし、女の怖いところは良くも悪くも団結力が高いために1人が傷つくとみんなでよってたかって庇い、相手を非難し始める。

 

一瞬パニックになった私は1人のすばる担にLINEで相談した。すると普段結構過激なことを言っているくせに私に「いくらなんでもあれは言い過ぎなんじゃないの」とマジレスが返ってきた。でも実際それも一理あったので速攻でフォローを外してきた丸山担に謝罪をした。丸山担は一応その場では理解を示してくれた。

でも他の丸山担と仲が良いフォロワー(数名)が容赦なくて、私がLINEで相談したすばる担も裏垢で突然悪口を言い始め、結局ブロックされた。そのすばる担と仲が良い村上担は表垢ですばる担に「名古屋で会った時から無理だったんだよね」と言っているのを見てしまい、正直かなりショックだった。その村上担が名古屋でビースト(村上錦戸丸山のユニット曲)担の集合写真を撮ろうと言っていて、私はその集合に協力していたのだ。名古屋で別に私は特別何かやらかしてもいなかったのにそんな風に言われてしまい、私の心は完全に砕かれた。

すばる担には気まずいを押し付けてくるとも言われたがそんな覚えは一度もなかった。

ここで仲が崩れた人達はみんな会ったことがある子達だっただけに、余計ショックではあったと思う。

その時に手を差し伸べてくれたのは私より3つ上の横山担の今でも仲良くしている人だ。その人はすばる担とも仲がよかったのだが、私はかなさんのことも好きだからと言ってくれた。すごくうれしかったしありがたかった。

 

この頃からヲタクとの付き合いが面倒になり始めた。あと94年生まれはどこにいってもガキばっかりだなとがっかりした。別にガキなのが悪いとは言っていない。

 

ただ人付き合いの上で、その子が傷ついたから私もあいつが嫌いというのはあまりにも短絡的で幼稚な考えだと思う。それから私のツイートは別に誰かを傷つけるためにツイートしたわけではない。タグの言う通り本音を言っただけだ。たしかにTwitterというのは何気ない一言で誰かが喜んだり悲しんだりするものだ。でもTwitterはあくまで個人の勝手な呟きにすぎないし、いちいち一喜一憂なんてしていたら疲れるだけだ。だったらTwitterなんてやらなければいい。例えばエイトにしたってエイトが嫌いだと呟く人もいるしテレビから消えてほしいと言う人だっている。でもそんなものは見ないようにすればいいし自分が好きならそれでいいじゃないかと私は思う。

 

この頃からエイターも変わりつつあって、「エイターはエイトみんなが好き」というのを勘違いしているファンが増えてきたように感じていた。たしかに「eighter」というあだ名はすばるがファンの愛称として名付けてくれていた。でも誰だって好きな人がいて好きなコンビがあれば当然嫌いなメンバーや嫌いなコンビがある人だっている。それが人間だ。みんながみんなエイト全員好きなら「担当」なんていらないだろう。

まあ要するに「みんな違ってみんないい」ってやつだ。

 

ちょっと違う発言をした途端に集中攻撃してくるというジャニヲタの恐ろしさとを知り、でも横山担のように困った時に味方してくれる人がいたので割とすぐに立ち直った。むしろそんな人達自ら縁を切ってくれてありがとうと今は思っている。