努力が報われた瞬間!?!?

2014年3月30日。

 

1年はフル単!と思いきやまさかの第二外国語のスぺ語を落とした私はこの日、軽音新歓のイベントだった。

 

某国立大学は入学式前に土日を使ってどのサークルも新歓イベントを開催している。

私のサークルはもちろんバンド演奏だ。ただし通常と違って、幹部が年間でよかったバンドを選出し、メンバーも決められていた。私はELTだった。自分でもそうかなと思っていたので予想通りだった。

 

本番当日は雨で全体的に新入生もあまりおらず、私のバンドはトップバッターだったのでまあ人はいなかった。が、以前ELTをやった時に散々ダメ出ししてきた先輩(この時は院生)が見学に来た。

 

ダメ出しはきつかったけれど実際すごい先輩ではあるので新入生に見られるよりも緊張した。でも私の中で、この日はなぜか調子よく歌えた。

 

そして終わったあと、その先輩が、

 

「うまくなったじゃん」

 

あんまりにも不意打ちすぎたのでありがとうございますとか言えずにえっと返してしまった…でもこの時は本当に嬉しかったし頑張ってきてよかったなと心から思っていた。

 

そのあとのコンパでもほたて(いくつか前に登場しています)に「あれはみんなに見てほしいライブだった」とまで言ってくれて本当に嬉しかった。

 

でもこの幸せな時はあっという間に終わってしまい、この後軽音で待っていたものは最悪な出来事だった…。