先輩の引退…

 

2014年12月6日と7日。

この2日間でひとつ上の学年の先輩方の引退演奏会が行われた。

 

私は今までひとつ上とはどうも相性が悪く、というより相手から一方的に嫌われがちだったので苦手な存在だった。でもP会の先輩方はみんな素敵な先輩で、初めて仲良くさせていただいた人達だった。だから先輩方の引退はとても寂しかったのを今でも覚えている。

 

私の勝手なイメージだが先輩方は古典派というよりはロマン派が好きな人達多くて、たしかこの引退演もショパンなどが多かった気がする。

 

そして、この引退演は先輩が卒業すると同時に私の代が一番上となり後輩を引っ張っていくという意味もあった。私はインカレ生なので平会員。つかさは…副幹事長。まあ結構目立つこと好きな感じの奴で実際目立っていた何かしら幹部に携わるのかな~とは思っていたのだが見事に的中した。

 

引退演は主に次の代の副幹が中心となってアルバム制作や花などのプレゼントの管理などを行っているので、当然つかさともう一人の女子りこ(仮名)が中心になって動いていた。

 

この2日間も私は相変わらずつかさをずっと見ていたのだが(ストーカー行為はしていません)どこか様子がおかしかった。なんだか元気がなくてすごく無理しているように見えた。…こういうのをすぐに察知してしまうあたり私はすっかり奴にハメられてしまったんだなあと改めて思った。とりあえずできるサポートはしようと思い、副幹があたふたしている時は手伝ったりもした。

 

打ち上げの頃には完全に疲れ切っていたのでさすがに心配になった私は二次会の時声をかけた。

 

「つかさくん無理してない…?大丈夫?」

 

すると彼は笑った。

バレちゃったの?みたいな感じの笑い方だった。

 

「俺頑張りすぎちゃったな~!!」

 

自分で言っちゃうんかいとは思ったけどやっぱり無理してたんだなと思った。

 

そんな中彼女あみは別につかさに気遣うことなく、むしろ先輩達の前でいちゃついていたり余計疲れさせることをしていた。いちゃついている時はなんとなくというか見たくなくて完全に視線をそらして他の人達と話をしながら気を紛らわした。

 

当たり前だけれどつかさの彼女はあみだし文化祭で妬かれて完全に目をつけられていたのであみの前ではつかさとあまり関わりすぎないようにしようと決めていた。でもつかさはそんなことお構いなしにこの日も私にぐいぐい近づいてきた。

せっかくの打ち上げでお酒を飲みたかったのだが女子の面倒な1週間が始まったばかりで私は毎月重症なのでお酒を控えていた。

 

つかさ「飲んでる??」

私「いや、今日は飲んでないんだ~」

つ「え、なんでなんで?」

私「ちょっとね~」

つ「なんで?なんで?」

 

ちっちゃい子みたいになんでを連発しながら私の肩に手を回しその手は私の髪の毛を撫でめちゃめちゃ顔を近づけてきた(完全にキスできる距離)

 

文字にするとめちゃめちゃ難しいがこいつには距離感というものが分かっているんだろうかと疑問に思うしとにかくめちゃめちゃ近かったし当然心臓はバクバクだった。

 

ついでにつかさが私に接近している数メートル先にあみがいました恐怖でしかない。

 

あみは別の先輩(つかさと仲良し)と話していたがこの時私達に気づいていたのか未だに謎である。

 

二次会はオールだったので解散の頃は次の日の早朝だった。

家に帰ったあと私はやっぱり心配だったのでつかさにLINEを送った。多分個人LINEを送ったのはこれが初めてだったのではないかと思う。とにかく無理はしないで私でよければ甘えてくれみたいなことを言った。

 

先輩の引退について浸るかと思いきやこんなドキドキの展開でした。